業務効率を上げたいのなら飲食POSレジを導入してみましょう

レジのテンキー

飲食POSレジで売上分析を行いメニューの見直しが実現できる

スマホ決済

年々増えていったメニュー、季節限定で考案されたメニューなどの売上分析を行いたいと考えていませんか?しかし、営業時間内の分析は困難、営業時間外の負担も減らしたいということもあります。人手をかけずにリアルタイムで精度の高い分析を行い、売れ筋と死筋を把握したいというのであれば、飲食POSレジを導入しましょう。
飲食POSレジは市販の機材と専用アプリで構成することができ、売上分析を自動で行うことができます。エントリーオーダー方式を採用しており、オーダー情報がリアルタイム集計されます。そのため、営業終了後に集計作業を行う必要がありません。また、時間単位、日単位、週単位そして月単位でのメニュー出数を分析でき、精度の高い分析により人気のないメニューを把握し、提供の取りやめを早期に実行することも可能になります。提供のために調理した記憶という曖昧なものではなく、飲食POSレジに記録された正確な情報を活用するため、客観的な分析が可能になります。また、分析結果を基に人気のあるメニューとの違いを把握することにより、改善対策を検討することも可能になります。飲食POSレジの機能は基本機能は追加料金なし、オプション機能もランニングコストを抑えて利用ができるため、専属スタッフを雇用して人件費が高くなるというようなことも避けられます。

材料の原価差異も把握できる飲食POSレジが便利

飲食店において、原価が高騰していたり、材料ロスが生じていたり、その一方で材料仕入の価格が下がり利益がアップしていたりなどを把握する上で必要になるのは棚卸しと仕入れとの比較です。そんな原価に関わる比較計算を飲食POSレジを導入することで手軽に行えるようになります。結果、原価高騰に気付かなかったり、材料使用が増えロスが増大していることを未然防止でき、適切な価格設定と使用設定に戻すことができます。
飲食POSレジには在庫管理機能もあり、仕入量と在庫量を比較することで差異を把握することができます。金額と数量の双方で比較ができ、価格際の把握と棚卸し差異の把握を手間をかけずに行うことができます。予定単価と実際仕入価格によりどれだけ儲けが生じているか、使用量のロスにより在庫金額がどれだけ減っているかを把握することが飲食POSレジに入力するだけで把握できます。また、スタッフが友人や知人の来客時に不正な提供を行っていないかも把握できます。特に飲み物などの提供も日々の在庫チェックを徹底することで予定外の原価が生じていないかわかります。さらに日々数量を把握するだけで、まとまった原価高騰のタイミングも把握できるようになります。そのほかにも、原価差異を把握することで提供価格をキャンペーンで割り引けるなどの見極めも可能になります。

飲食POSレジならレジに不正防止対策を強化できる

パートやアルバイトの多い飲食店で不安になるのが、レジ業務であり、関わる人が増えるほどリスクが高くなります。一方、セキュリティ対策の低いレジではスタッフが不正に手を染める可能性も高くなります。しかし、セキュリティ性の高い飲食POSレジを導入することで、現金に関わる不正だけでなく、レジの不正操作によりスタッフの関係者に対する不正な利益供与を防止することができます。
飲食POSレジでは、レジ業務を行うスタッフを限定するだけでなく、誰が操作を行ったか顔認証で記録を残せます。IDやパスワードは不正利用されるリスクがあるものの、顔認証の場合は誤魔化しができません。また、エントリーオーダーによりオーダー情報がシステムに記録され、管理者の承認なしでオーダーを取り消したり、レジのジャーナルを操作することができません。飲食POSレジの場合、オーダー情報はキッチンに伝わりメニューが提供され、提供の完了も記録を残せます。不正操作により記録改ざんもさまざまなデータを総合し相違を把握でき、飲食店で不正操作を行ってもどこかで把握されてしまうという牽制ができるようになります。また、対応したスタッフの情報も細かく残せるため、後から不正が疑われる場合でも原因を特定でき、調査を行いやすくもなります。レジでの不正に悩んでいる飲食店オーナーは飲食POSレジの導入で問題を解決しましょう。